">

孔雀のポーズ(マユラーサナ)のやり方と効果は?注意するポイントのまとめ | 初ヨガ!ダイエット

孔雀のポーズ(ピンチャ マユラーサナ)
孔雀のポーズ

Pincha Mayurasana / ピンチャ マユラーサナ

 

このページでは、孔雀のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

 

スポンサードリンク

孔雀のポーズの意味は?

「ピンチャ」は「羽」、「マユーラ」は「孔雀」という意味。

サンスクリット語で「ピンチャ」は「羽」、「マユラ」は「孔雀」の意味で、羽を広げた孔雀の姿を模したポーズと言われています。

孔雀のポーズは何に効果があるの?

孔雀のポーズは、腸を整えたり、バランス感覚を養う効果があります。

孔雀のポーズは頭と足の天地が逆さになる逆転のポーズ。ひじから手首で身体全体を支えるため、バランス感覚が養われ、整腸作用やリラックスに効果のあるポーズです。

  • バランス感覚を養う
  • 気持ちを落ち着ける
  • 腸を整える
  • 不眠症の改善

孔雀のポーズ・やり方

孔雀のポーズは、前腕で身体を支える逆立ちのポーズです。

 

孔雀のポーズ・やり方
よつんばいになる
壁からヨガブロック一つ分(15cm)はなれたところの床へ手をつき、よつんばいになります。つま先は立てましょう。

 

孔雀のポーズ・やり方
手首からひじをつく
前腕(手首からひじ)を床につけます。

 

孔雀のポーズ・やり方
お尻を高く持ち上げる
息を吐きながら、お尻を高く持ち上げます。

 

孔雀のポーズ・やり方
片足を踏み込む
息を吐きながら、片足を前へ踏み込みます。前腕に体重を移動させましょう。重心は腕へ。

 

孔雀のポーズ・やり方
足を持ち上げる
息を吸いながら、後ろの足を浮かせるようにして、両足を持ち上げます。この時、勢いをつけるのではなく、足を浮かせるようにして、両足を壁にあずけましょう。

 

余裕があれば、壁から足を離し、足とつまさきを天井へ伸ばします。。目線は斜め前。骨盤をすこし内側へしまいこむイメージで。

 

この姿勢のまま呼吸を3回繰り返しましょう。

 

スポンサードリンク

 

孔雀のポーズのポイント

 

孔雀のポーズのポイント
足は壁へつけたままでもOK
はじめはとても難しいポーズです。壁を上手に使いながら、練習しましょう。身体のバランスの重心を何度も試しながら、遊びながら取り組むといいですよ。もちろん、壁から足をはなせるようになるのがベストです。

スポンサードリンク


関連のあるおすすめポーズ

木のポーズ

木のポーズ(ヴリクシャ・アーサナ)

木のポーズVrksasana / ヴリクシャ・アーサナこのページでは、木のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

立位の開脚前屈のポーズ

立位の開脚前屈のポーズ(プラサリータ・パドッタナーサナ)

立位の開脚前屈のポーズPrasarita Padottanasana / プラサリータ・パドッタナーサナこのページでは、立位の開脚前屈のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

カメのポーズ(クールマーサナ)

カメのポーズ(クールマーサナ)

カメのポーズKurmasana / クールマーサナこのページでは、カメのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

前屈のポーズ

前屈のポーズ(ウッタナーサナ)

前屈のポーズUttanasana / ウッタナーサナこのページでは、前屈のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

両体側を強く伸ばすポーズ

両体側を強く伸ばすポーズ(パールシュヴォッタナーサナ)

両体側を強く伸ばすポーズParsvottanasana / パールシュヴォッタナーサナこのページでは、両体側を強く伸ばすポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

安楽座(スカーサナ)

安楽座(スカーサナ)

安楽座Sukhasana / スカーサナこのページでは、安楽座(スカーサナ)の意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

英雄座(ヴィラーサナ)

英雄座(割座)

英雄座(割座)Virasana / ヴィラーサナこのページでは、英雄座(割座)の意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

杖のポーズ(ダンダーサナ)

杖のポーズ(ダンダーサナ)

杖のポーズ(長座)Dandasana / ダンダーサナこのページでは、杖のポーズ(長座)の意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

仰向けの足の親指をつかむポーズ(クールマーサナ)

仰向けの親指をつかむポーズ(スプタ・パダングシュターサナ)

仰向けの足の親指をつかむポーズSupta Padangusthasana / スプタ・パダングシュターサナこのページでは、仰向けの足の親指をつかむポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

ベイビーコブラのポーズ(アルダ・ブジャンガアーサナ)

ベイビーコブラのポーズ(アルダ・ブジャンガアーサナ)

ベイビーコブラのポーズArdha Bhujangasana / アルダ・ブジャンガアーサナこのページでは、ベイビーコブラのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

ウサギのポーズ(シャシャンカーサナ)

ウサギのポーズ(シャシャンカーサナ)

ウサギのポーズSasankasana / シャシャンカーサナこのページでは、ウサギのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

孔雀のポーズ(ピンチャ マユラーサナ)

孔雀のポーズ(マユラーサナ)

孔雀のポーズPincha Mayurasana / ピンチャ マユラーサナこのページでは、孔雀のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

おやすみのポーズ(屍のポーズ)

おやすみのポーズ(屍のポーズ/シャヴァーサナ)

おやすみのポーズ(屍のポーズ)Savasana / シャヴァーサナこのページでは、おやすみのポーズ(屍のポーズ)の意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む