">

安楽座(スカーサナ)のやり方と効果は?注意するポイントのまとめ | 初ヨガ!ダイエット

安楽座(スカーサナ)
安楽座

Sukhasana / スカーサナ

 

このページでは、安楽座(スカーサナ)の意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

 

スポンサードリンク

安楽座(スカーサナ)の意味は?

「スカ」は「楽な」という意味。

サンスクリット語で「スカ」は「楽な、喜び、安楽」という意味で、日本ではあぐらと同じ座り方です。

安楽座(スカーサナ)は何に効果があるの?

安楽座(スカーサナ)は、気持ちを安定させる効果があります。

安楽座はヨガの座法の基本ポーズ。ヨガを行う前や、ポーズの合間の休憩、瞑想のときなど、様々な場面でこの安楽座をはさみ、リラックスをして精神の安定をはかります。ヨガには様々なポーズがありますが、最も基本的で、だからこそとても難しく、重要なアーサナのひとつです。

  • 姿勢を整える
  • 気持ちを落ち着ける
  • ストレスの解消
  • 集中力を高める

安楽座(スカーサナ)・やり方

安楽座(スカーサナ)は、骨盤をまっすぐ立てて、楽に呼吸しましょう。

 

安楽座(スカーサナ)・やり方
骨盤を立てて座る
骨盤を立てて床に座ります。左右の座骨に均等に力がのるように調整しましょう。胸の中心を上げるようにして、肩は力を抜いてリラックス。手のひらはももの上に置き、天井に向けるか、親指と人差し指で輪をつくった「チン・ムドラー」という印を結びましょう。

 

安楽座(スカーサナ)・やり方
背筋をのばして深呼吸
背中が丸くならないように、背筋を伸ばします。
目線は正面へ。目を閉じて、自然な呼吸を繰り返しましょう。

 

安楽座(スカーサナ)・やり方
足を上から見た図
両方の足は、すねの真ん中あたりで合わさるようにし、足を寄せます。ひざの高さはそろえましょう。どちらの足を前にしてもOKです。

 

スポンサードリンク

 

安楽座(スカーサナ)のポイント

 

安楽座(スカーサナ)・やり方
目を閉じて瞑想を
安楽座はヨガの基本ポーズ。瞑想をするときにぴったりなポーズです。目を閉じて、普段外側に向けている意識を内側に集中させて、自分の内面に湧き上がってくる感情や悩みと向き合いましょう。

 

自然と出てくる悩み事も、無理に抗おうとせず、そのまま自身の感覚に委ねると、ヨガの新しい世界がぼんやりと見えてくるかもしれまんね。

スポンサードリンク


関連のあるおすすめポーズ

木のポーズ

木のポーズ(ヴリクシャ・アーサナ)

木のポーズVrksasana / ヴリクシャ・アーサナこのページでは、木のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

立位の開脚前屈のポーズ

立位の開脚前屈のポーズ(プラサリータ・パドッタナーサナ)

立位の開脚前屈のポーズPrasarita Padottanasana / プラサリータ・パドッタナーサナこのページでは、立位の開脚前屈のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

カメのポーズ(クールマーサナ)

カメのポーズ(クールマーサナ)

カメのポーズKurmasana / クールマーサナこのページでは、カメのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

前屈のポーズ

前屈のポーズ(ウッタナーサナ)

前屈のポーズUttanasana / ウッタナーサナこのページでは、前屈のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

両体側を強く伸ばすポーズ

両体側を強く伸ばすポーズ(パールシュヴォッタナーサナ)

両体側を強く伸ばすポーズParsvottanasana / パールシュヴォッタナーサナこのページでは、両体側を強く伸ばすポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

安楽座(スカーサナ)

安楽座(スカーサナ)

安楽座Sukhasana / スカーサナこのページでは、安楽座(スカーサナ)の意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

英雄座(ヴィラーサナ)

英雄座(割座)

英雄座(割座)Virasana / ヴィラーサナこのページでは、英雄座(割座)の意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

杖のポーズ(ダンダーサナ)

杖のポーズ(ダンダーサナ)

杖のポーズ(長座)Dandasana / ダンダーサナこのページでは、杖のポーズ(長座)の意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

仰向けの足の親指をつかむポーズ(クールマーサナ)

仰向けの親指をつかむポーズ(スプタ・パダングシュターサナ)

仰向けの足の親指をつかむポーズSupta Padangusthasana / スプタ・パダングシュターサナこのページでは、仰向けの足の親指をつかむポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

ベイビーコブラのポーズ(アルダ・ブジャンガアーサナ)

ベイビーコブラのポーズ(アルダ・ブジャンガアーサナ)

ベイビーコブラのポーズArdha Bhujangasana / アルダ・ブジャンガアーサナこのページでは、ベイビーコブラのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

ウサギのポーズ(シャシャンカーサナ)

ウサギのポーズ(シャシャンカーサナ)

ウサギのポーズSasankasana / シャシャンカーサナこのページでは、ウサギのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

孔雀のポーズ(ピンチャ マユラーサナ)

孔雀のポーズ(マユラーサナ)

孔雀のポーズPincha Mayurasana / ピンチャ マユラーサナこのページでは、孔雀のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

おやすみのポーズ(屍のポーズ)

おやすみのポーズ(屍のポーズ/シャヴァーサナ)

おやすみのポーズ(屍のポーズ)Savasana / シャヴァーサナこのページでは、おやすみのポーズ(屍のポーズ)の意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む