アシュタンガヨガ | 初ヨガ!ダイエット

アシュタンガヨガってなに?

 

アシュタンガヨガは、流れるような動作に呼吸を合わせる日本で最もポピュラーなヨガ

 

アシュタンガヨガは略称で、本来は「アシュターンガ・ヴィニヤーサ・ヨーガ」。パワーヨガの源流となったヨガです。

 

聖者パタンジャリによって紀元後4〜6世紀頃に作られたヨガの教典『ヨガ・スートラ』を現代版にアレンジしたものがアシュタンガヨガです。

 

ヨガ・スートラの実践部分に示されている「ヨガの八支則」を元に構成されています。ヨガの八支則とは、ヤマ(Yama・禁戒)、ニヤマ(Niyama・勧戒)、アサナ(Asana・坐法)、プラーナヤーマ(Pranayama・呼吸)、プラティヤーハーラ(Pratyahara・感覚の制御)、ダーラナ(Dharana・集中)、ディヤーナ(Dhyana・瞑想)、サマーディ(Samadi・三昧)。
この八支則を実践するヨガとして、アシュタンガヨガでは決まった順番でポーズが構成されています。

スポンサードリンク

アシュタンガヨガの創始者は?

アシュタンガヨガの創始者は、S.K パタビジョイス氏

 

1915年に南インドで生まれたS.K パタビジョイス氏。司祭で天文学者だった父から英才教育を受け、5歳の頃からサンスクリット語と馴染んでいたと言われています。

 

12歳の時にクリシュナマチャリアのヨガの講義とデモンストレーションを見て、その勢いのまま、翌日には弟子入り。家族に秘密で、毎朝早朝にクリシュナマチャリヤの元へ通っては、ヨガの修行を積みました。

 

パタビジョイス氏は、大学で講師を務める学者でもありました。ヴェーダ哲学、サンスクリット、ヨガ哲学を専門とし、40年間に渡り、大学でサンスクリット語の講師を務め、サンキャ哲学やヴェーダ哲学の古典文献の研究を続けながら、1953年にはインド医学とヨガ哲学の教授となりました。

 

参考:アシュタンガヨガの創始者 パタビージョイスについて

 

スポンサードリンク

アシュタンガヨガはどうして生まれたの?

ヨガの経典『ヨーガスートラ』からの発展

 

学者でもあり、ヨガ哲学、サンスクリット語にも知識の深かったパダビジョイス氏。
4500年ほど前に作られたヨガの経典『ヨーガスートラ』は、現代にはあまりにも難しすぎたため、わかりやすく学べるようにパタビジョイス氏によって改善されたのがアシュタンガヨガです。

 

スポンサードリンク

アシュタンガヨガのポイントと考え方

アシュタンガヨガは、型も順番も決まっているのがポイント

 

アシュタンガヨガは、他のヨガとは違い、アーサナ(ポーズ)の順番が全て決まっています。

 

太陽礼拝、スタンディング、各シリーズのメインポーズ、逆さのポーズ、フィニッシフの各ポーズで構成されているアシュタンガヨガは、途切れることなく短時間でポーズをつなぎ、流れるような動きに呼吸を合わせていきます。(ビンヤサスタイル)

 

ポーズと呼吸を合わせるので運動量が高く、肉体的にも消耗するため、アメリカやヨーロッパなどで人気を得ています。エネルギッシュなこのヨガは、現代でも多く行われているパワーヨガの原点となっています。

 

視線は固定
アシュタンガヨガでは、キョロキョロと目を動かすことは不安な心の表れとされ、視線を一点に集中します。意識を集中し、視線を一点に定めることで集中力を高めます。

 

スポンサードリンク



アシュタンガヨガのおすすめ書籍

アシュタンガ ヨガの基本からすべてが学べる『アシュタンガヨガ 初級・中級・上級』

 

スポンサードリンク


関連のあるおすすめポーズ

ハタヨガ

ハタヨガってなに?ハタヨガは、数々のヨガの流派の元となったヨガハタヨガは8〜9世紀ごろから伝わるヨガで、それまで瞑想が中心だったヨガに動きの要素を取り入れたのがハタヨガ。現代で広まっているヨガの多くは、このハタヨガがベースであると言われています。ハタヨガは「HA=ハ」と「THA=タ」の二つの言葉から...

≫続きを読む

アートオブリビングヨガ

アートオブリビングヨガってなに?アートオブリビングは、スダルシャン・クリア呼吸法を用いたヨガアートオブリビングは、世界140カ国以上に渡り、教育や慈善活動を行う国際非営利団体(NGO)の名称です。アートオブリビングヨガは、「今、この瞬間を生きる」ための呼吸法である「スダルシャン・クリヤ呼吸法」を中心...

≫続きを読む

アイアンガーヨガ

アイアンガーヨガってなに?アイアンガーヨガは、ポーズを正しく取ることを重視したヨガ正しい姿勢で、一つひとつのポーズを、体の方向やバランスを観察しながらゆっくりと行うのがアイアンガーヨガ。ゆっくりとした動作を行うことで、集中力とスタミナアップ・肉体の歪みの矯正に重点を置いています。心理的にもリラクゼー...

≫続きを読む

アシュタンガヨガ

アシュタンガヨガってなに?アシュタンガヨガは、流れるような動作に呼吸を合わせる日本で最もポピュラーなヨガアシュタンガヨガは略称で、本来は「アシュターンガ・ヴィニヤーサ・ヨーガ」。パワーヨガの源流となったヨガです。聖者パタンジャリによって紀元後4〜6世紀頃に作られたヨガの教典『ヨガ・スートラ』を現代版...

≫続きを読む

沖ヨガ

沖ヨガってなに?沖ヨガは、東洋思想が組み込まれた日本のヨガの基礎インドで生まれたヨガに、日本の「禅」や「神道」の考え方、東洋の伝統的な医療法が組み込まれたのが沖ヨガ。沖氏が考案したため、氏の名前をとって「沖ヨガ」と呼ばれるようになりました。

≫続きを読む

クリパルヨガ

クリパルヨガってなに?クリパルヨガは、あるがままの自分を受け入れる日常を重視したヨガクリパルヨガは、北米最大のホリスティックセンター「クリパルヨガ・センター」で指導されているヨガです。正しいポーズをとることよりも、そのポーズから生まれる感情や、自分の内面の動きを見つめることが重要。「体の内に知恵が宿...

≫続きを読む

パワーヨガ

パワーヨガってなに?パワーヨガは、ヨガブームの火付け役となったボディメイク重視のヨガインドで生まれたヨガを現代版にアレンジして生まれたのがパワーヨガです。ボディメイク要素と、瞑想を重点に置いており、とてもパワフルなヨガと言えます。エクササイズ要素が強いこのヨガは、短期間で効果が得られることからアメリ...

≫続きを読む

ホットヨガ

ホットヨガってなに?室温と湿度の高い室内で行う、発汗作用の強いヨガホットヨガは、室温39度、湿度60%が保たれた室内で行うヨガです。この室温は身体の柔軟性をもっとも高める温度のため、効率的に筋肉を伸ばすことができます。高温多湿の環境下のため、脱水状態にならないよう、他のヨガほど激しいポーズがないのも...

≫続きを読む

マタニティヨガ

マタニティヨガってなに?心と身体のリラックスを目的とした妊産婦向けのヨガマタニティヨガは、妊産婦向けのヨガです。呼吸法や簡単なポーズを通して、体力をつけ、心の状態を安定させることを目的としています。分娩時の痛みのコントロールにも繋がるとされています。

≫続きを読む

クンダリーニヨガ

クンダリーニヨガってなに?独自の呼吸法で活性化させる最もパワフルなヨガ「クンダリーニ」とは、人の体に存在する根源的生命エネルギーのこと。宇宙に満ちているエネルギーをヨガでは「プラーナ(日本では気)」と呼びますが、クンダリーニはそのうちの人体内にあるものの名称です。背骨の一番下、尾てい骨のあたりにある...

≫続きを読む