">

上向きの犬のポーズ(アップドッグ)のやり方と効果は?注意するポイントのまとめ | 初ヨガ!ダイエット

上向きの犬のポーズ
上向きの犬のポーズ

Urdhva Mukha Svanasana / ウールドヴァ・ムカ・シュヴァナーサナ

 

このページでは、上向きの犬のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

 

スポンサードリンク

上向きの犬のポーズの意味は?

「ウールドヴァ」は「上」、「シュヴァーナ」は「犬」という意味です。

サンスクリット語で「ウールドヴァ」は「上」、「ムカ」は「向く」、「シュヴァーナ」は「犬」を意味します。上を向いた犬を模したポーズです。

上向きの犬のポーズは何に効果があるの?

上向きの犬のポーズは、お尻の引き締めと呼吸器系の不調の緩和に効果のあるポーズです。
  • お尻の引き締め
  • 腹部の柔軟性を高める
  • 呼吸器系の不調の緩和
  • 体幹強化

上向きの犬のポーズ・やり方

上向きの犬のポーズは、身体の前面を伸ばし、胸を開きます。

 

上向きの犬のポーズ・やり方
うつぶせになる
両手を伸ばし、おでこを床について、マットにうつぶせになります。

 

上向きの犬のポーズ・やり方
足を腰幅に、手を胸の横へつく
両足を腰幅に開いてつまさきを立て、両手は胸の横につきます。

 

上向きの犬のポーズ・やり方
身体を床と水平にする
わきを締めて、ひじを曲げたまま、身体を起こします。お尻が上がりすぎないように注意して、身体を床と水平にしましょう。

 

上向きの犬のポーズ・やり方
腕を伸ばして、重心を前へ
腕を伸ばし、重心を前へ移動させるようにしてスライドさせます、つま先は伸ばし、足の甲を床につけましょう。

 

上向きの犬のポーズ・やり方
上体を起こして目線は斜め上を
息を吸いながら、上体を起こし、身体を反らせます。肩の下に腕がくるように。両肩を下げて首筋を長く保ちましょう。目線は斜め上の天井へ。
手のひらと足の甲で身体を支えます。
この姿勢のまま呼吸を3回繰り返しましょう。

 

スポンサードリンク

 

上向きの犬のポーズのポイント

 

上向きの犬のポーズのポイント
首すじを長く、お尻はしまい込む
肩に力が入ってしまいやすいポーズなので、両肩を後ろに引くようにして下げ、首すじを長くしましょう。腰を痛めないように、尾骨を床の方へ引き下げ、太ももは引き上げましょう。

スポンサードリンク


関連のあるおすすめポーズ

横たわった英雄のポーズ

横たわった英雄のポーズ(スプタ・ヴィラーサナ)

横たわった英雄のポーズSupta Virasana / スプタ・ヴィラーサナこのページでは、横たわった英雄のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

上向きの犬のポーズ

上向きの犬のポーズ(アップドッグ)

上向きの犬のポーズUrdhva Mukha Svanasana / ウールドヴァ・ムカ・シュヴァナーサナこのページでは、上向きの犬のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

牛の顔のポーズ

牛の顔のポーズ(ゴムカーサナ)

牛の顔のポーズGomukhasana / ゴムカーサナこのページでは、牛の顔のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

賢者のバランスポーズ

賢者のバランスポーズ(エーカ・パーダ・ガラヴァーサナ)

賢者のバランスポーズEka Pada Galavasana / エーカ・パーダ・ガラヴァーサナこのページでは、賢者のバランスポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

半分の弓引きのポーズ

半分の弓引きのポーズ(アルダ・ダニュラーサナ)

半分の弓引きのポーズAldha Dhanurasana / アルダ・ダニュラーサナこのページでは、半分の弓引きのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む