">

鋤のポーズのやり方と効果は?注意するポイントのまとめ | 初ヨガ!ダイエット

鋤のポーズ
鋤のポーズ

Halasana / ハラーサナ

 

このページでは、鋤のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

 

スポンサードリンク

鋤のポーズの意味は?

「ハラ」は「鋤」という意味です。

サンスクリット語で「ハラ」は「鋤」の意味で、畑を耕す鋤の姿に似ていることから鋤のポーズと呼ばれています。

鋤のポーズは何に効果があるの?

鋤のポーズは、肩こりと内臓機能の働きを高める効果のあるポーズです。

腹部に刺激を与えるポーズのため、内臓機能の働きを高める効果があります。若返りの効果があるのもポイントです。

 

  • 肩こりの緩和
  • 腰痛の緩和
  • 内臓機能を高める
  • 消化機能を高める

鋤のポーズ・やり方

鋤のポーズは、仰向けの体勢から、下半身を頭の向こう側へ下ろします。

 

鋤のポーズ・やり方
首を支えるためにブランケットを敷き、仰向けになる
首に強い伸びが入るポーズなので、首を支えるためにブランケットを敷くのがおすすめです。
首の真下から背中までブランケットがあたるように用意ができたら、ひざを曲げて仰向けになります。

 

鋤のポーズ・やり方
ひざを胸に近づける
両手で床を押し、両足を持ち上げて、ひざを胸に近づけます。二の腕の外側で床を押すようにしましょう。

 

鋤のポーズ・やり方
お尻を持ち上げ、足を頭の遠くへ
腰に手を当てて両足を持ち上げ、一度天井へ足を伸ばしてから、そのまま両足を頭の先へおきます。ゆっくりと行うのがポイント。
両ひざにおでこをつけましょう。

 

鋤のポーズ・やり方
ひざを伸ばす
息を吸いながら、おへそに力をいれて、ひざを伸ばします。

 

鋤のポーズ・やり方
手を下ろし、肩で体重を支える
腰にあてている手をおろし、肩甲骨を寄せ合うようにして両手を組み合わせます。お尻をぐっと持ち上げ、肩で体重を支えるようにして、肩から腰までが床と垂直になるように意識しましょう。両手と両足のかかとで引っ張り合うようにするのがポイントです。

 

この姿勢のまま呼吸を3回繰り返しましょう。

 

スポンサードリンク

 

鋤のポーズのポイント

 

鋤のポーズのポイント
両ひざは曲がってもOK
足を伸ばすのがつらい場合は、両ひざを曲げ、手を添えたポーズでもOKです。肩から腰までを垂直に立てるよう意識しましょう。

スポンサードリンク


関連のあるおすすめポーズ

鋤のポーズ

鋤のポーズ(ハラーサナ)

鋤のポーズHalasana / ハラーサナこのページでは、鋤のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

鋤のポーズ

聖人に捧げるねじりのポーズ(バラドーヴァジャーサナ)

聖人に捧げるねじりのポーズBharadvajasana / バラドーヴァジャーサナこのページでは、聖人に捧げるねじりのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む