">

横向きの板のポーズ(ヴァシスターサナ)のやり方と効果は? | 初ヨガ!ダイエット

横向き板のポーズ
横向き板のポーズ

Vasisthasana / ヴァシスターサナ

 

このページでは、横向き板のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

 

スポンサードリンク

横向き板のポーズの意味は?

「ヴァシスタ」は賢者の名前です。

「ヴァシスタ」は人の名前で、賢者ヴァシスタから名付けられました。板のポーズを横に向いたアレンジのアーサナです。

横向き板のポーズは何に効果があるの?

横向き板のポーズは、二の腕の引き締めと腕の強化に効果のあるポーズです。
  • 二の腕の引き締め
  • 腕の強化
  • ウエストの引き締め
  • 集中力を高める
  • 冷えの改善

横向き板のポーズ・やり方

横向き板のポーズは、片手で身体を支え、頭頂からつま先でバランスをとります。

 

横向き板のポーズ・やり方
よつんばいになる

  • 肩の下に腕
  • つま先を立てる

肩の下に腕がくるよう、よつんばいになります。つま先を立てましょう。

 

横向き板のポーズ・やり方
身体を一直線に

  • ひざを伸ばす
  • かかとから頭まで一直線に
  • お腹に力を入れる
  • 太ももを引き上げる
  • 両手と両つま先で支える

ひざを伸ばして、両手とつま先で身体を支えます。お尻が落ちやすいので、お腹に力をいれ、太ももを引き上げて、頭からかかとまで一直線になるようにしましょう。手は肩の真下にくるようにします。

 

横向き板のポーズ・やり方
身体を横に向ける

  • 身体を横に向ける
  • 左手を腰に
  • お尻が落ちないように

右手を床についたまま、身体を横に向けます。左手は腰にあてます。お尻が落ちてしまいやすいため、お尻と太ももを上げるように意識します。

 

横向き板のポーズ・やり方
左手を上へ

  • 左手を天井へ
  • 開いた両腕は、床と天井に向かって一直線に引っ張り合う
  • 頭頂とかかとも引っ張り合う
  • 足裏で床を押すように
  • 骨盤を引き上げる

息を吸いながら、左手を天井に向かって上げ、右手は床を押すようにして、両手を一直線に引っ張り合うようにします。頭頂からかかとも一直線になるように意識して、頭と足で引っ張り合います。かかとは床を押すようにしましょう。骨盤は下がりやすいので引き上げます。

 

この姿勢のまま呼吸を3回繰り返します。
反対側も同様に行いましょう。

 

スポンサードリンク

横向き板のポーズのポイント

 

横向き板のポーズのポイント
両足をそろえなくてもOK
両足をそろえるのが難しい場合は、足を前後についてバランスをとってもOKです。

スポンサードリンク


関連のあるおすすめポーズ

八肢のポーズ

八肢のポーズ(アシュターンガ・ダンダ・ア−サナ)

八肢のポーズAstanga Dandasana / アシュタンガ・ダンダーサナこのページでは、八肢のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

東側を強く伸ばすポーズ

東側を強く伸ばすポーズ(プールヴォッターナーサナ)

東側を強く伸ばすポーズPurvottanasana / プールヴォッターナーサナこのページでは、東側を強く伸ばすポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

横向き板のポーズ

横向きの板のポーズ(ヴァシスターサナ)のやり方と効果は? | 初ヨガ!ダイエット

横向き板のポーズVasisthasana / ヴァシスターサナこのページでは、横向き板のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む