" />

天地開脚のポーズ(ウールドヴァ・プラサリータ・エカパダーサナ)のやり方と効果は?注意するポイントのまとめ | 初ヨガ!ダイエット

天地開脚のポーズ
天地開脚のポーズ

Urdhva Prasarita Ekapadasana / (ウールドヴァ・プラサリータ・エカパダーサナ)

 

このページでは、天地開脚のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

 

天地開脚のポーズの意味は?

「ウールドヴァ」は「上に」、「エカパダーサナ」は「一本足」の意味。

サンスクリット語で「ウールドヴァ」は「上に」、「プラサリータ」は「伸びた」、「エカパダーサナ」は「一本の足」という意味で、一本の足を上へ向かって高く持ち上げる立位のアーサナです。

天地開脚のポーズは何に効果があるの?

天地開脚のポーズは、内臓の働きを高め、下半身を強化する効果があります。
  • 内臓の働きを高める
  • 下半身の強化

天地開脚のポーズ・やり方

天地開脚のポーズは、片足を上へ高く持ち上げます。

 

天地開脚のポーズ・やり方
両足の裏でしっかりと立つ
足の指を開き、しっかりと床を押すようにして立ちます。親指の付け根と、小指からかかとにかけての外側のラインに力が入るように意識します。

 

天地開脚のポーズ・やり方
前屈する
息を吐きながら、頭頂が遠くを通るようにして上体を倒します。
両手は足の外側へつきましょう。

 

天地開脚のポーズ・やり方
右足に重心を移動
右足に重心をのせ、左足を少し上げます。肩が左右水平になっているか意識しましょう。

 

天地開脚のポーズ・やり方
左足を上げる
息を吸いながら、足の付け根から動きを入れるようにして、左足を上へ持ち上げます。左足の太ももの裏を天井へ向けましょう。
腰骨は左右水平になるように意識して。

 

天地開脚のポーズ・やり方
左足をさらに高く上げる
息を吐きながら、さらに上半身を倒し、左足を高く天井へ上げます。手で床を押して、背中を足の方へ持ち上げるように意識しましょう。
ひざが横を向いてしまわないように注意して。

 

この姿勢のまま呼吸を3回繰り返します。
反対側も同様に行いましょう。

 

 

天地開脚のポーズのポイント

 

天地開脚のポーズ・ポイント
足は上がるところまででOK
上級者向けのポーズです。無理をせず、足はあがるところまででOKです。

 

関連のあるおすすめポーズ

支えのある肩立ちのポーズ

支えのある肩立ちのポーズ(サーランバ・サルヴァンガーサナ)

支えのある肩立ちのポーズSalamba Sarvangasana / サーランバ・サルヴァンガーサナこのページでは、支えのある肩立ちのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

スフィンクスのポーズ

スフィンクスのポーズ(サーランバ・ブジャンガーサナ)

スフィンクスのポーズSalamba Bhujangasana / サーランバ・ブジャンガーサナこのページでは、スフィンクスのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

ねじった椅子のポーズ

ねじった椅子のポーズ(パリヴリッタ・ウトカターサナ)

ねじった椅子のポーズSalamba Bhujangasana / サーランバ・ブジャンガーサナこのページでは、ねじった椅子のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

花輪のポーズ

花輪のポーズ(マーラーサナ)

花輪のポーズMalasana / マーラーサナこのページでは、花輪のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

頭立ちのポーズ

頭立ちのポーズ(サーランバ・シルシャーサナ)

頭立ちのポーズSalamba Sirsasana / サーランバ・シルシャーサナこのページでは、頭立ちのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

プレイヤーズツイスト

プレイヤーズツイスト

プレイヤーズツイストこのページでは、プレイヤーズツイストの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

親指をつかむ前屈のポーズ

親指をつかむ前屈のポーズ(パダングシュターサナ)

親指をつかむ前屈のポーズPadangusthasana / パダングシュターサナこのページでは、親指をつかむ前屈のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

手の上にのる前屈のポーズ

手の上にのる前屈のポーズ(パダハスターサナ)

手の上にのる前屈のポーズPadahastasana / パダハスターサナこのページでは、手の上にのる前屈のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

手の上にのる前屈のポーズ

天地開脚のポーズ(ウールドヴァ・プラサリータ・エカパダーサナ)

天地開脚のポーズUrdhva Prasarita Ekapadasana / (ウールドヴァ・プラサリータ・エカパダーサナ)このページでは、天地開脚のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

三肢の背面を伸ばすポーズ

三肢の背面を伸ばすポーズ

三肢の背面を伸ばすポーズTrianga Mukhaikapada Paschimottanasana / (トゥリアンガ・ムカイカパーダ・パッシモッタナーサナ)このページでは、三肢の背面を伸ばすポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

サギのポーズ

サギのポーズ(クラウンチャーサナ)

サギのポーズKraunchasana / (クラウンチャーサナ)このページでは、サギのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

カエルのポーズ

カエルのポーズ(マンドゥーカーサナ/ベーカーサナ)

カエルのポーズMandukasana/Bhekasana / マンドゥーカーサナ/ベーカーサナこのページでは、カエルのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

胎児のポーズ

胎児のポーズ(ピンダーサナ)

胎児のポーズPindasana / ピンダーサナこのページでは、胎児のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

カエルのポーズ

針の糸通しのポーズ

針の糸通しのポーズこのページでは、針の糸通しのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

カエルのポーズ

賢者マリーチのポーズIII(マリーチ・アーサナIII)

賢者マリーチのポーズ IIIこのページでは、賢者マリーチのポーズ IIIの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

賢者マリーチのポーズIV

賢者マリーチのポーズIV(マリーチ・アーサナIV)

賢者マリーチのポーズ IVこのページでは、賢者マリーチのポーズ IVの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

縄のポーズ

縄のポーズ(パーシャ・アーサナ)

縄のポーズPasasana /パーシャ・アーサナこのページでは、縄のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

半分のカエルのポーズ

半分のカエルのポーズ(アルダ・ベーカーサナ)

半分のカエルのポーズArdha Bhekasana / アルダ・ベーカーサナこのページでは、半分のカエルのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

上向きの蓮華座

上向きの蓮華座(ウールドヴァ・パドマ・アーサナ)

上向きの蓮華座Urdhva Padmasana / ウールドヴァ・パドマーサナこのページでは、上向きの蓮華座の意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む