" />

頭立ちのポーズ(サーランバ・シルシャーサナ)のやり方と効果は?注意するポイントのまとめ | 初ヨガ!ダイエット

頭立ちのポーズ
頭立ちのポーズ

Salamba Sirsasana / サーランバ・シルシャーサナ

 

このページでは、頭立ちのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

 

スポンサードリンク

頭立ちのポーズの意味は?

「サーランバ」は「支える」、「シールシャ」は「頭」の意味。

サンスクリット語で「サーランバ」は「支える」、「シールシャ」は「頭」という意味で、頭と両腕で身体を支える倒立のアーサナです。

頭立ちのポーズは何に効果があるの?

頭立ちのポーズは、内臓の働きを高め、姿勢をよくする効果があります。

難しいポーズですが、「アーサナの王」と称されるほど、身体への恩恵がすばらしいポーズです。安定してキープできるように習得を目指しましょう。

 

  • 内臓の働きを高める
  • バランス感覚を養う
  • 姿勢を整える
  • 集中力を高める

頭立ちのポーズ・やり方

頭立ちのポーズは、頭と両腕で身体を支えます。

 

頭立ちのポーズ・やり方
壁に向かってよつんばいになる
壁のそばによつんばいになります。足はこち幅に開いて、つま先を立てましょう。

 

頭立ちのポーズ・やり方
両手の指を組む
両手の指を組み、肩の下にひじがくるようにします。わきは締めましょう。この腕と腕の間にこれから頭を入れるので、その空間をつくります。

 

頭立ちのポーズ・やり方
両ひざを伸ばし、頭頂を床へ
両手を組み合わせたところに頭を入れて、頭頂を床につきます。組んだ手で頭を包み込むイメージで。両膝を伸ばしましょう。

 

頭立ちのポーズ・やり方
お尻を壁にあずける
片足で床をけり、お尻を壁にあずけます。勢いはつけなくてOK。両方の足の裏も壁につけましょう。

 

頭立ちのポーズ・やり方
足を伸ばす
息を吸いながら、お尻を壁にあずけたまま、ゆっくりと足を伸ばします。
安定してきたら、軽く壁をけって、頭と両腕で身体を支えるように倒立しましょう。背骨は胸に引き寄せるようにして、目線は正面を。前腕を立てて、手の小指とひじで床を押すように。
両ひざはそろえて、頭頂から足先までを一直線に伸ばしましょう。

 

この姿勢のまま呼吸を3回繰り返しましょう。

 

スポンサードリンク

 

頭立ちのポーズのポイント

 

頭立ちのポーズ・ポイント
お尻を壁につけたままでもOK
とても難しいポーズなので、バランスがとりにくい場合は、お尻を壁につけたままでもOK。この姿勢のまま呼吸を3回繰り返します。慣れてきたら徐々に練習してみましょう。

スポンサードリンク


関連のあるおすすめポーズ

支えのある肩立ちのポーズ

支えのある肩立ちのポーズ(サーランバ・サルヴァンガーサナ)

支えのある肩立ちのポーズSalamba Sarvangasana / サーランバ・サルヴァンガーサナこのページでは、支えのある肩立ちのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

スフィンクスのポーズ

スフィンクスのポーズ(サーランバ・ブジャンガーサナ)

スフィンクスのポーズSalamba Bhujangasana / サーランバ・ブジャンガーサナこのページでは、スフィンクスのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

ねじった椅子のポーズ

ねじった椅子のポーズ(パリヴリッタ・ウトカターサナ)

ねじった椅子のポーズSalamba Bhujangasana / サーランバ・ブジャンガーサナこのページでは、ねじった椅子のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

花輪のポーズ

花輪のポーズ(マーラーサナ)

花輪のポーズMalasana / マーラーサナこのページでは、花輪のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

頭立ちのポーズ

頭立ちのポーズ(サーランバ・シルシャーサナ)

頭立ちのポーズSalamba Sirsasana / サーランバ・シルシャーサナこのページでは、頭立ちのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

プレイヤーズツイスト

プレイヤーズツイスト

プレイヤーズツイストこのページでは、プレイヤーズツイストの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

親指をつかむ前屈のポーズ

親指をつかむ前屈のポーズ(パダングシュターサナ)

親指をつかむ前屈のポーズPadangusthasana / パダングシュターサナこのページでは、親指をつかむ前屈のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

手の上にのる前屈のポーズ

手の上にのる前屈のポーズ(パダハスターサナ)

手の上にのる前屈のポーズPadahastasana / パダハスターサナこのページでは、手の上にのる前屈のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

手の上にのる前屈のポーズ

天地開脚のポーズ(ウールドヴァ・プラサリータ・エカパダーサナ)

天地開脚のポーズUrdhva Prasarita Ekapadasana / (ウールドヴァ・プラサリータ・エカパダーサナ)このページでは、天地開脚のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

三肢の背面を伸ばすポーズ

三肢の背面を伸ばすポーズ

三肢の背面を伸ばすポーズTrianga Mukhaikapada Paschimottanasana / (トゥリアンガ・ムカイカパーダ・パッシモッタナーサナ)このページでは、三肢の背面を伸ばすポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

サギのポーズ

サギのポーズ(クラウンチャーサナ)

サギのポーズKraunchasana / (クラウンチャーサナ)このページでは、サギのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

カエルのポーズ

カエルのポーズ(マンドゥーカーサナ/ベーカーサナ)

カエルのポーズMandukasana/Bhekasana / マンドゥーカーサナ/ベーカーサナこのページでは、カエルのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

胎児のポーズ

胎児のポーズ(ピンダーサナ)

胎児のポーズPindasana / ピンダーサナこのページでは、胎児のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

カエルのポーズ

針の糸通しのポーズ

針の糸通しのポーズこのページでは、針の糸通しのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

カエルのポーズ

賢者マリーチのポーズIII(マリーチ・アーサナIII)

賢者マリーチのポーズ IIIこのページでは、賢者マリーチのポーズ IIIの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

賢者マリーチのポーズIV

賢者マリーチのポーズIV(マリーチ・アーサナIV)

賢者マリーチのポーズ IVこのページでは、賢者マリーチのポーズ IVの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

縄のポーズ

縄のポーズ(パーシャ・アーサナ)

縄のポーズPasasana /パーシャ・アーサナこのページでは、縄のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

半分のカエルのポーズ

半分のカエルのポーズ(アルダ・ベーカーサナ)

半分のカエルのポーズArdha Bhekasana / アルダ・ベーカーサナこのページでは、半分のカエルのポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

上向きの蓮華座

上向きの蓮華座(ウールドヴァ・パドマ・アーサナ)

上向きの蓮華座Urdhva Padmasana / ウールドヴァ・パドマーサナこのページでは、上向きの蓮華座の意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む