" />

ねじって頭をひざにつけるポーズ(パリヴリッタ・ジャヌ・シルシャーサナ)のやり方と効果は?注意するポイントのまとめ | 初ヨガ!ダイエット

ねじって頭をひざにつけるポーズ
ねじって頭をひざにつけるポーズ

Parivrtta Janu Sirsasana / パリヴリッタ・ジャヌ・シルシャーサナ

 

このページでは、ねじって頭をひざにつけるポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

 

ねじって頭をひざにつけるポーズの意味は?

「パリヴリッタ」は「回転した」、「ジャヌ」は「ひざ」という意味。

サンスクリット語で、「パリヴリッタ」は「回転した」、「ジャヌ」は「ひざ」、「シルシャ」は「頭」の意味です。頭をひざに近づけるようにするアーサナです。。

ねじって頭をひざにつけるポーズは何に効果があるの?

ねじって頭をひざにつけるポーズは、冷えの改善とウエストの引き締めに効果のあるポーズです。

 

  • ウエストの引き締め
  • 冷えの改善
  • 胃腸の働きを高める
  • 呼吸機能の改善

ねじって頭をひざにつけるポーズ・やり方

ねじって頭をひざにつけるポーズは、後頭部をひざに近づけるように身体を横へ倒しましょう。

 

ねじって頭をひざにつけるポーズ・やり方
両足を前に伸ばして座る
両足を前に伸ばして座ります。坐骨を床につけて、左右の坐骨に均等に体重が乗るよう調整しましょう。
<

 

ねじって頭をひざにつけるポーズ・やり方
右ひざをかかえる
右ひざ曲げ、両手でかかえて引き寄せます。

 

ねじって頭をひざにつけるポーズ・やり方
右ひざを横へ倒す
右ひざを右側へ倒して、マットにつきます。

 

ねじって頭をひざにつけるポーズ・やり方
左足を横へ伸ばす
左足を横へ伸ばしましょう。
両手は前へ床につき、背筋を伸ばしましょう。

 

ねじって頭をひざにつけるポーズ・やり方
左手で左足の親指をつかむ
左手の親指・人差し指・中指の3本で、左足の親指をつかみます。

 

ねじって頭をひざにつけるポーズ・やり方
右手を天井へ
息を吸いながら、右手を天井へ上げます、目線は右手の指先へ。

 

ねじって頭をひざにつけるポーズ・やり方
上半身を倒す
息を吐きながら、上半身を左側へ倒しましょう。このとき、頭をひざに近づけるようにすると、自然と胸が開きます。
左右の座骨はしっかりとマットにつくようにして、伸ばしている足の太ももの裏側で床を押します。伸ばしている足のかかとは前へ押し出すようにして。
肩の力は抜いて、胸を天井へ見せるように意識しましょう。

 

この姿勢のまま呼吸を3回繰り返しましょう。
反対側も同様に行います。

 

 

ねじって頭をひざにつけるポーズのポイント

 

ねじって頭をひざにつけるポーズのポイント
タオルやヨガベルトでサポートして
足に手が届きにくい場合は、タオルやヨガベルトを足にかけて、引っ張るようにすると良いでしょう。身体が横に倒しにくい場合も、無理のない範囲で行いましょう。

 

関連のあるおすすめポーズ

鋤のポーズ

ねじって頭をひざにつけるポーズ(パリヴリッタ・ジャヌ・シルシャーサナ)

ねじって頭をひざにつけるポーズParivrtta Janu Sirsasana / パリヴリッタ・ジャヌ・シルシャーサナこのページでは、ねじって頭をひざにつけるポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む

頭をひざにつけるポーズ

頭をひざにつけるポーズ(ジャヌ・シルシャーサナ)

頭をひざにつけるポーズJanu Sirsasana / ジャヌ・シルシャーサナこのページでは、頭をひざにつけるポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む