" />

太陽礼拝のポーズ | 初ヨガ!ダイエット

太陽礼拝のポーズ・やり方
太陽礼拝

SuryaNamaskar / スーリヤ・ナマスカーラ

 

このページでは、太陽礼拝のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

 

スポンサードリンク

太陽礼拝の意味は?

太陽に対して祈りを捧げる意味が込められたアーサナ(ポーズ)です。

 

「スーリヤ」は太陽、「ナマスカーラ」は礼拝、あいさつの意味のサンスクリット語。ヨガの起源であるインドでは、太陽は「神」のひとつとされていて、とてもエネルギーのあるもの。朝日が昇るととも陽の光を浴びる、お祈りをすると良いとされています。

 

太陽礼拝を一通り終えただけでも、気持ちが安定し、自分を客観的に見れたり、頭がスッキリとした気分を味わうことができるでしょう。

太陽礼拝は何に効果があるの?

太陽礼拝は体の様々な部位を伸ばすポーズで構成され、体のむくみがとれたり、心がスッキリとする効果があります。
  • 体の全身を伸ばす
  • 顔や体のむくみをとる
  • 心がスッキリとさわやかになる

太陽礼拝のポーズ・やり方

太陽礼拝は、基本のポーズばかりで構成されている初心者向けのアーサナ(ポーズ)です。

 

太陽礼拝のやり方・ポーズ
背筋をまっすぐ伸ばして立ち、
両腕はおろす。両足はマットに。
お腹をぐっと上に引き上げるようにして、一息深呼吸。
リラックスして立つ。

 

太陽礼拝のやり方・ポーズ
体の前で両手親指を引っかけて、手のひらはパー。
大きく息を吸って、その手を上へ。
手のひらを正面に見せるようにして腕を伸ばす。目線は指先。
ヒジをしっかり伸ばしましょう。

 

太陽礼拝のやり方・ポーズ
息を吐きながら、両腕を下へおろす。
手のひらをマットにつけそうならつく。
頭頂部は床に向けて、目線は鼻の先。

 

太陽礼拝のやり方・ポーズ
息を吸って、
手のひらをマットにつけたまま、
顔を上げ、正面を見る。

 

太陽礼拝のやり方・ポーズ
息を吐きながら、
両足を後ろへジャンプ!足の指は立てて、手のひらはマットに。
ワキをしっかり締めて、お腹をぐっと引き締める。
腕の力ではなく、お腹で体を支えるように、視線は正面を見る。

 

太陽礼拝のやり方・ポーズ
息を吸いながら、体を反らしてアゴを天井に向ける。
足の甲はマットにつける。
腰痛の人は無理をしないように。

 

太陽礼拝のやり方・ポーズ
息を吐きながら、お尻をぐっと持ち上げる。
ヒザのうらをできるだけピンと伸ばして、足の裏をつける。
目線は両手の間に。

 

太陽礼拝のやり方・ポーズ
息を吸いながら、
両手、両足を寄せ合い、もう一度ヒザ裏をピンと伸ばす。
手のひらは床についたまま。
目線は顔を上げて正面を見る。

 

太陽礼拝のやり方・ポーズ
息を吐きながら、頭を下げて、前屈のポーズ。
手のひらは床に。

 

太陽礼拝のやり方・ポーズ
息を吸いながら、両手を横に広げ、弧を描くようにして上へ。
頭の上で両手を合わせて、ヒジをピンと伸ばす。
目線は指先を見る。

 

太陽礼拝のやり方・ポーズ
息を吐きながら、両腕をおろす。
ここまでが太陽礼拝の一連のポーズ。
これを3回繰り返しましょう。さらにできそうなら、5回繰り返しましょう。

 

スポンサードリンク

太陽礼拝のポイント

 

太陽礼拝のやり方・ポーズ
太陽礼拝は、ひとつのポーズを取って、ひとつ呼吸をするのがポイントです。
ヨガで大切なことはきちんと息を吸って、吐くこと。
ポーズがしっかり取れなくても、手のひらがつかなくてもOK。

 

体の動きに合わせて息をすることを覚えていき、より深く呼吸をするためにポーズを取っていると思えばいいですよ。

 

息を吸う長さと、吐く長さを均等にするように心がけて。

スポンサードリンク


関連のあるおすすめポーズ

太陽礼拝のポーズ

太陽礼拝SuryaNamaskar / スーリヤ・ナマスカーラこのページでは、太陽礼拝のポーズの意味、効果、ポーズ・やり方、実際にやってみたときのポイントの解説をしていきます。

≫続きを読む